指が「使われる」

ピアノを弾くときには指を動かす、指を使うと思っていないだろうか。

たしかに指が動いているのだが、指は受動的に動かされる、使われる立場にある。

そして、指は打鍵した後も「動かされ」続ける。

指の「使い手」がいないとどうなるか?

たいてい、指ははしごを外されたように落ちてしまう。

そのスピードは腕や手首の落下スピードに一致する。

この落ちるスピードだけで変化を表現しているので、タッチが一本調子になる。

響きはどうだろうか?

はしごをなくして、支えが取れた指は行き場をなくし、響きも落ちていく。

水面に石を投げつけたような音になり、響きが発散しすぎてしまう。

指の使い手は、前腕から手のひらにかけての筋群にある。

そして指を落とすことだけでなく鍵盤上で微妙に保持したり、

うまい具合に離鍵させたりすることも彼らの仕事だ。

指には意思はない。指でどうこうしようとせず、指に意思を伝えていくのだ。

音が消える瞬間まで響きを発散させずに、芯を残して消えていく音に、私は魅了されるし、

そんな音を出してみたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました